東京タワーライトアップ写真「東京タワーに恋して」、食べ物・お店の生々しいレポート「美味しいもの」、リチャードソンジリスへの妄想「リチャリチャ劇場」(時々実話)、海外・国内旅行、映画、株主総会・優待、花


by shime4649
カレンダー

2009年 10月 12日 ( 2 )

東京タワーの消えゆく光

昨日と今日のライトアップです。(20時~22時) 五輪招致キャンペーンの時のようなカラーでした。
いつもながら下手な写真で失礼します。
a0124065_22493356.jpg


うまく撮れなくて何度もシャッターを押すうちに・・・あれ、下の方から光が消えていくよ015.gif
ちょうど22時になったところ・・・ライトアップが切り替わります。
一番右の状態になったところで、いつも通りのライトアップになりました。見にくくてすみません。
a0124065_22525091.jpg

[PR]
by shime4649 | 2009-10-12 23:01 | 東京タワーに恋して
1作目、2作目とも見ていないダンナが突然「見に行こう」と言い出したので同行。
私としてはこの手の映画は好きなので、全作映画館で見たかったのですが・・・。

公開から1ヶ月以上経っている上にレイトショー。おまけに、前の日に行けば1000円で見れたんですよ。
そんなわけでお客さんは少ないだろうな~と思いきや、劇場の3分の1が埋まっていました。
先週の興業ランキングも1位。人気があるんですね001.gif

ネタバレなしの感想です

映画のはじめに、1作目と2作目のダイジェストが流れるので、大まかな筋はわかります。

噂通り、出演者がすごく豪華。ちょい役でも有名な役者さんを使っていて、「あっ、あの人だ」を連発。
主人公たちの少年期だった1970年代って、私としても懐かしい時代です。
少年時代の「ともだち」の家の机にあったジャイアント・ロボにおお~っと思ったり
(ダンナは、サンダーバードが置いてあったことに感動してました)、
エロイム・エッサイムズというバンド名に、「もしかして、あのドラマから取ってる?」なんて、
ちっちゃなワクワクがそこここに散りばめられていました。

二足歩行ロボットが「ズーン、ズーン」と歩くと、体も振動を感じます。音響の良い映画館ですね。
ライブの、気が遠くなるような人数の観客も圧巻でした。エキストラ1万人かあ~。私も入りたかった(笑)
「ともだち」とは誰ぞや・・・と推理すると共に、映像にも楽しませてもらいました。

「ともだち」・・・あの人だったとは005.gif
これから見る人もいるでしょうから伏せておきますが、「ええっ?!」という感じ。

この物語の核心は、エンドロールの後の10分間にあります。
劇場入口に「エンドロール後も物語があるから席を立たないで下さい」という注意書きがありましたが、
あのエンドロールなら、見入ってしまって席を立たないだろうなと思いました。

少年期の「ともだち」は、あの俳優が演じています。パンフレットでは、この部分が袋とじになっている
という厳重さですが、エンドロールの出演者名を見てると、「あの俳優はどこに出てたっけ」ということで、
何となく予想できます。

お面を取った彼のさみしげな顔、ひょろっとした痛々しい姿に「辛かったろうね~」と、
不覚にもウルウルしてしまいました。
無差別殺人を起こす人の心の闇も示唆していたような気がします。
終わり方がちょっと唐突だったので、「ええっ」と思いましたが、余韻は残りました。

T.REXの「20th century boy」・・・この音楽を聴くと、この映画を思い出してしまいそうです。

a0124065_19225492.jpg

[PR]
by shime4649 | 2009-10-12 19:31 | 映画を見よう