東京タワーライトアップ写真「東京タワーに恋して」、食べ物・お店の生々しいレポート「美味しいもの」、リチャードソンジリスへの妄想「リチャリチャ劇場」(時々実話)、海外・国内旅行、映画、株主総会・優待、花


by shime4649
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2010年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

朝食のバイキングでは、中華風の料理をたくさん取っています。
とろみのついた卵スープや、おかゆ、お饅頭などなど。
a0124065_21522822.jpg

アイスクリームもゲット!
グァバの実も食べてみましたが、グァバジュースとは全然違い、甘味がなくスカスカした食感でした。
a0124065_21525723.jpg

ホテルの外観。
a0124065_21533074.jpg

のどかな風景の中をバスが走って行くと・・・
a0124065_21535935.jpg

大理石工場の見学地に到着。大きな大理石を板状に加工しています。
a0124065_21542815.jpg

日本語が達者な先生が、ユーモアを交えて大理石についての説明をしてくれます。
a0124065_2155877.jpg


太魯閣(たろこ)峡谷
台湾を代表する景勝地。大理石でできた断崖と、大理石を侵食してできた川。
a0124065_21553519.jpg

a0124065_2156711.jpg

絶壁の感覚が最も狭くなったところ。無数のイワツバメの巣があるので「燕子口」という。
薄暗いトンネルの中を歩いて行きます。
a0124065_21563087.jpg

大理石でできていることを感じさせる色の断崖。
a0124065_21571211.jpg

a0124065_21574779.jpg

途中、先住民が経営するカフェで休憩。民芸品も売られています。
先住民は政府から保護されているため、先住民の経営するお店の品物や飲食物は
安く提供されるとのこと。
a0124065_21581388.jpg

マンゴーアイスクリーム。こんな山盛りでも150円くらい。
a0124065_21583513.jpg

長春祠・・・戦後、東西横貫公路の建設時に殉職した多くの霊をまつった中国宮殿様式の祠。
その真下の一枚岩の大理石の割れ目から水が激しく湧き、滝となっています。
a0124065_21585242.jpg

昼食は台湾郷土料理。お味噌汁とか卵焼きとかイノシシのベーコンがついています。
a0124065_21591194.jpg

ご飯は、お米を竹の筒に入れて炊いた物。もっちりした食感。
a0124065_21593219.jpg

カリカリの筒を割ると、紫(芋)と緑の色合いがきれい。
a0124065_220239.jpg

レストランの下は宝石店になっており、食後は恒例の名産品ショッピングの時間となりました(笑)
このお店も先住民がやっているので、他よりも安いとのこと。翡翠やキャッツアイがおすすめ。
a0124065_2202267.jpg

a0124065_221146.jpg

a0124065_2214477.jpg


花蓮→高雄(飛行機)
花蓮空港は、大理石で作られた美しい空港でした。
a0124065_222432.jpg


高雄(たかお)
台北に次ぐ台湾第2の都市。
車窓からの景色。
a0124065_2223218.jpg

蓮池潭(れんちたん)・・・面積約7haの淡水湖。
巨大な龍と虎の姿のトンネル・・・龍虎塔が見えています。
a0124065_2245618.jpg

台湾の人は、十二支の中で龍が最も良くて虎が最も悪いと信じているので、
龍から入って虎から出るようにします。
a0124065_2235172.jpg

中に入ると、壁には仏教説話の絵が描かれており、番人に10元(約30円)のお布施を渡すと
絵ハガキが1枚もらえます。
a0124065_2232387.jpg

車窓から。台湾のマンションの屋上にはタンクが備え付けられていて、仕事が終わってから
シャワーを浴びると、太陽で熱せられていい湯加減だそうです(現地ガイドさんの話)
a0124065_2251782.jpg

2階以上のベランダに頑丈な柵が付けられているのは古い建物で、昔は泥棒が多くて
高い所からでも入ってきてしまうので、塞いでいたそうです。
a0124065_2254595.jpg

寿山公園(じゅさんこうえん)
階段を上っていくと・・・
a0124065_226984.jpg

英霊をまつった忠烈祠の門があります。
a0124065_2263047.jpg

ここから素晴らしい景色が見れます。
a0124065_2265454.jpg

夕食は、台湾海鮮料理。メニューはこちら。
a0124065_23513182.jpg

a0124065_2352690.jpg

a0124065_23525124.jpg

a0124065_23531251.jpg

a0124065_23532536.jpg

豚の角煮ドッグは、材料がバラバラに出てくるので自分で作ります。
a0124065_23534339.jpg

神戸三宮で食べたのを思い出しました(笑)
a0124065_23541015.jpg

a0124065_23544161.jpg

a0124065_23545928.jpg

a0124065_23551364.jpg

a0124065_23553976.jpg

食後は、六合二路夜市へ繰り出しました。人・人・人・・・・すごい混雑と熱気で賑わっています。
a0124065_23561564.jpg

なんだかよくわからない、内蔵っぽいものがたくさん積まれています。
a0124065_23571460.jpg

耐えがたいクサイにおい・・・「臭豆腐」の屋台です。
テレビの旅行番組で見ると「美味しい」と言っていたけど、食べてみる勇気はありませんでした。
a0124065_0215636.jpg

無難なところで、ヤシの実のジュースを買いました。持ちやすい形に整えられています。
冷えていて甘くて美味しい!飲んだ後の実は、お店に返します。
a0124065_2357519.jpg

泊まったホテルは漢来大飯店(グランド ハイライ ホテル)。
a0124065_23581799.jpg

[PR]
by shime4649 | 2010-09-24 00:26 | 海外旅行(台湾 2010年)
シェラトンホテルの朝食バイキングの風景。
a0124065_2383767.jpg

た~くさんの料理がある中、今回は洋食中心に選んでみました。・・・と言いながら、左の皿には
中華街で食べ歩きをする揚げパンをのせています(笑)
もう一泊するので、次回は中華料理中心に選びます。
a0124065_239160.jpg

現地ガイドさんに従い、2ヶ所のホテルからツアー客を迎えてバスで移動。
まず向かったのは国立故宮博物院。
世界4大博物館の一つで、歴代中国皇帝のコレクション64万点が収蔵されているそうです。
a0124065_2395344.jpg

台湾のトイレは、下水設備がイマイチなのと、紙質が悪くて流れが悪いということで、
使用した紙を流してはいけません。便器横のゴミ箱に捨てます。
ホテルのトイレは普通に流せましたが、観光地では要注意。
日本に観光に来た中国の人達が、浅草寺などのトイレで使用済みの紙をゴミ箱に捨てて
あふれさせているという話を聞くと、旅行前に文化の違いを予習することの必要性を痛感します。
そんな偉そうなことを書いている私も、トイレで紙を流してはいけない国の空港で紙を流してしまい、
トイレを詰まらせて逃げたことがありますが・・・(汗)
a0124065_23102044.jpg

博物院の中は大変人が多く、展示物を見るのも一苦労。
「ヒスイの白菜」や「ブタバラ肉にそっくりな石」、気が遠くなるような細かい細工の品々など、
近付いてじっくり見たい展示物がたくさんあります。

ロビーまでは写真を撮っても大丈夫ですが、展示室は撮影不可。
a0124065_23104512.jpg

売店では様々な土産品が売られていて見ていてとても楽しいです。
展示品のミニチュアクリップを買いました。140元(約420円)
a0124065_23231392.jpg

「忠烈祠」という場所に行く予定が工事中のため「国父記念館」に変更。
中華民国を建国し、「国父」とたたえられている孫文の生誕100年を記念して1972年に
建てられた記念館。
a0124065_23125123.jpg

孫文の像の左右に衛兵が身じろぎもまばたきもせずに立っています。
彼らは軍隊の中のエリートだそうですが、この暑い中を暑そうな服装で立っていて大変だな~。
交替式は別の所で見たので、その項目で載せようと思います。
a0124065_2311153.jpg

昼食は、アンバサダーホテルにて飲茶。
a0124065_23132131.jpg

a0124065_23134042.jpg

a0124065_2314289.jpg

a0124065_23142223.jpg

a0124065_23145439.jpg

a0124065_23152286.jpg

a0124065_23154138.jpg

台北駅。ここから特急列車に乗って「花蓮」に向かいます。
気温は30°を示しています。
a0124065_23161524.jpg

特急列車の中。
a0124065_23163789.jpg


花蓮・・・かれん(ホアリョン)
大理石が有名。

パークビューホテル(美侖大飯店)の部屋
a0124065_23165694.jpg

広大な芝生とプール付き
a0124065_23171641.jpg

先住民「阿美族」の踊りを鑑賞しに阿美文化村へ
a0124065_23172897.jpg

円形のホールはちゃんと冷房が効いています。
a0124065_23175098.jpg

派手な色の衣装の女性と、上半身裸の男性(みんな若い!)が軽快な音楽に合わせてダンスをします。
a0124065_23181084.jpg

気合が入っているのかいないのか・・・やや緊張感に欠けている感じ(笑)
a0124065_23182883.jpg

途中で、女の子が客席に民芸品を売りに来ます。
a0124065_2319381.jpg

手首につける鈴を購入。「シャンシャン」と結構大きな音で鳴ります。2つで100元(約300円)
a0124065_23193143.jpg

ダンサーが客席からお客さんを拉致して一緒に踊るというやつに、私も拉致されました(笑)
実は、そういうのがあると、毎回拉致されてしまう・・・お人よしそうに見えるからか、デカくて目立つからか(笑)
それはさておき、一緒に踊ったお客さんは写真を撮られ、大理石のプレートに写真をはめこんだものを
売りつけられるのであります。ちなみに400元(約1200円)。頭にかぶった飾りもくれました(笑)
記念になるから買ったけど、断っている人もいたので、ダンサーがお客さんを拉致する時は
ケチそうじゃない人を選ばなくっちゃねemoticon-0110-tongueout.gif
a0124065_23195192.jpg

夕食は広東料理でした。品数が多くておなかいっぱい!
食事中に、大理石の表札の注文を取りに来ました。2000円という安さ。
印鑑も日本で作るより格段に安い。
a0124065_23363834.jpg

a0124065_2337129.jpg

a0124065_23372068.jpg

a0124065_23374419.jpg

a0124065_2338554.jpg

a0124065_23382716.jpg

a0124065_23384681.jpg

a0124065_23391683.jpg

a0124065_2339311.jpg

a0124065_23395084.jpg

a0124065_234076.jpg

a0124065_23402255.jpg


こうして、どんどん脂肪を蓄えながら台湾の2日目が終了したのであった。
[PR]
by shime4649 | 2010-09-13 01:40 | 海外旅行(台湾 2010年)