東京タワーライトアップ写真「東京タワーに恋して」、食べ物・お店の生々しいレポート「美味しいもの」、リチャードソンジリスへの妄想「リチャリチャ劇場」(時々実話)、海外・国内旅行、映画、株主総会・優待、花


by shime4649
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:トニー排水溝ダイブ ( 1 ) タグの人気記事

2月22日は、激動の1日でした。

朝、ふと思いついて開いたHPで、私にピッタリな仕事を見つけて応募。
長い間募集をしていなかった職種なのに、すごくタイミングがイイ!

その後、トニーとレオンを連れて散歩に。
ここで次々と悲劇が起こったのでした。

レオン

いつも通り芝生を走らせていたレオンが、コースをはずれてあらぬ方に走って行きました。
植込みの中をズザザザザ・・・・と駆け抜け、端っこからチョロチョロ出てきたまでは良かったのですが、
「おうちに帰るよ」と言う私の顔を見て、再び植込みの中へ・・・・。
これが、レオンを見た最後になってしまうとは007.gif

レオンを見失った後、いつも通り出てくるさと、楽天的に構えて待っていた私。
しかし、待てど暮らせどレオンは戻って来ませんでした。
さすがに焦った私は、トニーを檻に入れて手に持ち、あちこちを「レオ~ン」と呼びながら耳を澄まし、
レオンが移動する音や鳴き声を聞きながら探しました。


トニー

檻に入っていたトニーが、いつの間にかフタを開けて出てしまい、地上に着地。
「げっ、トニー、危ないよ」
前方を見ると、小さい排水溝の穴が!トニーは、穴を目がけて真っ直ぐ走って行きます。
「トニー、だめっ!」
そんな私の悲鳴など聞かず、彼女は穴の中に飛び込んでしまいました@@;;;;

排水溝の穴
a0124065_1843375.jpg


格子状のフタから見ると、中に水が溜まっている模様。
私は焦りまくってフタを持ちあげ、水の中に手を突っ込んでトニーを探しました。
「ん? 底が浅いのにトニーがいない?!」
水の余りの冷たさに驚きながら、トニーが消えてパニクる私。
中を覗くと、水位よりちょっと高い位置に穴が二つあるのを発見。これはどこにつながってるんだ?
穴に向かって「トニー、トニー」と叫ぶけど、全く何の音も気配もありません。
私は泣きそうになりながらマンションの管理人室に向かいました。

排水管が2つ・・・右側は小さめ
a0124065_1853175.jpg


管理人さんは私の話を聞くと、防災センターに排水管の構造を聞きに行き、係の人を連れて
現場に行きました。
防災センターの人の話では、排水管はストーンと下に行くので、
そこまでの間にとどまってくれていれば、餌でおびき寄せるとかできるが、
下に落ちてしまったら調べようがないとのこと。

さっき名前を呼んだ時に、何の物音も鳴き声も聞こえなかった・・・私は絶望的な気持ちでした。
レオンはいなくなるし、トニーまで・・・一度に二匹とも失ってしまうなんて(T_T)
いやいや、あきらめるのはまだ早い。
私は家に帰って長い針金とサラダ菜とバスタオルを持って、再び現場に戻りました。
そして、排水管がここにつながっているかもと言われた場所のフタをはずし、
「トニー」と叫びながら、サラダ菜をくくりつけた針金を中にズリズリ入れ始めました。

格子状のフタと、丸いフタをはずして針金を突っ込む
a0124065_1953371.jpg


「チーッ、チーッ」

「うわぁぁっ、トニー、そこに居たのね。今、出してあげるよ」003.gif
まぎれもなく、トニーの鳴き声。さっきは驚いたのと怖さで声が出なかったのかも知れません。
私は地面に這いつくばって大きい方の穴に手を突っ込みましたが、全然手ごたえがない。
まさかと思いながら小さいほうの穴に手を入れると、尻尾らしきものに触りました。
デブのトニーは、この穴にギュウギュウに詰まっているようで、私は必死に尻尾を引っ張り、
お尻をつかみ、暴れるトニーを穴から引きずり出しました。

やれやれ・・・全身泥まみれのトニーをタオルにくるんで顔を見ると、暗闇から出てまぶしそう。
その顔は以前飼っていたプレーリードッグのみゅんみゅんを思い出させました。
そして、私は重大なことに気付きました。

今日はみゅんみゅんの一周忌だ


もしかしたら、今日のこの災難は、一周忌を忘れられていたみゅんみゅんの仕返し?
でも、トニーが助かったのはみゅんみゅんのお陰かも知れない・・・そう思うことにします。


私のこと

冷たくて、暗くて、孤独で、とても怖い目に遭った上に、泥まみれになったトニーは、
家に連れて帰ってシャワーできれいにしてあげました。清潔好きなトニーはやっと安心したようです。
さて、再びレオンを探しに・・・と思ってふと電話を見ると留守電が1件。

「明日、面接にお越しください」・・・応募した会社からでした。
嬉しいはずなのに手放しで喜べないのは、レオンが見つからないから。
今日中に探し出して、張り切って面接に臨むぞ! 私は再びレオンを捜索しに行きました。


その後・・・レオン

金曜日になりましたが、依然として行方不明。
毎日、朝と夕方、時間が許す限り広場を探しまわりましたが、見つけられません。
警察、保健所、動物愛護相談センターに連絡して、協力をお願いしていますがどうでしょう・・・。
いずれの機関も大変親切に応対して下さったのが救いです。

動物はやはり、どんなにかわいがっても、餌や寝床の心配がいらなくても、
自然の中で自由に生きたいのでしょうね。
それなのに、マジ逃げしないことを過信していた私がバカでした。
思いきり走らせてあげたかっただけなのに、思いきり走り去られてしまいました。

隠れる場所も、食べ物(草)も、防寒になる枯葉もたくさんあるし、野良猫はいない・・・
レオンは、この公園内なら生き延びられるかもしれません。
今後も探し続けますが、いつかひょっこり、尻尾をプルプル振りながら現れてくれたらと、願っています。

a0124065_2043396.jpg


その後・・・私

PC・適性検査、面接、登録という過程を経て、仕事が決まりました。
前職の経験が生かせるし、先方もその条件で求人を出していてマッチしたようです。
不景気とはいえ、今まで何社も落ちてきました。書類選考で落ちると、とてもへこみましたね(汗)
内定してとても嬉しいはずなのに、レオンが見つからない限り、もやもやして心の底から喜べません。
身内が失踪・行方不明の人の気持ちがとてもよくわかります。

これからは毎日散歩に行くのは無理になるし、トニーを独りぼっちにさせたことを申し訳なく思います。
a0124065_20152157.jpg


a0124065_2016128.jpg


最後に・・・いろんな人、子供たちがレオンの捜索に協力してくれて感謝しています。ありがとう!
[PR]
by shime4649 | 2010-02-26 20:29 | リチャードソン・ジリス