東京タワーライトアップ写真「東京タワーに恋して」、食べ物・お店の生々しいレポート「美味しいもの」、リチャードソンジリスへの妄想「リチャリチャ劇場」(時々実話)、海外・国内旅行、映画、株主総会・優待、花


by shime4649
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:リチャードソン・ジリスの寝姿 ( 1 ) タグの人気記事

以前、レオンを撫でるとブツブツがたくさんあるので、獣医さんに診てもらったことがありました。
結果的には、毛胞腫(ニキビのようなもの)ではないかということで、経過観察をしていましたが、
最近、ブツブツが大きくなってコブコブに変化し、見た目にもハッキリわかるようになったので、
再び診てもらいました。

前回の記事→レオンのブツブツ(毛胞腫)

レオンは、いくつかあるコブコブの中で最も大きそうなコブの毛をバリカンで刈られ、
注射器で内容物を吸い取られることになりました。
暴れ、超音波声を発するレオンを必死に押さえつけ、注射針を「プスッ」。
しかし、針を刺した途端に血がドワツと出てきて、「血腫ですね」と言われました。

先生の説明では、毛細血管から漏管ができて血液が毛胞に流れ込み、
あふれた血液が皮膚を持ちあげてコブにしている・・・というようなことでした。
(文章にすると、自分でも「?」ですが、図に書いてで説明されたので、その場では理解できました)

コブを切除してもまたできてしまうし、漏管ができる原因は不明とのこと。
毛胞腫やら血腫やら、レオンはややこしい体質に生まれてしまったんですね。
レオンは元気で食欲もあり、コブコブが体調に影響を及ぼしているとは思えないけど、
先生曰く、痛みは感じているだろうとのこと。
撫で撫でしても全然平気そうだったのに、触られたら痛かったのかな~?ゴメンね、レオン。

毛を刈られ、黒光りするコブが露わになりました。
他にいくつかあるコブのせいで毛並が乱れています。
a0124065_19413624.jpg


今回も、細胞の検査(細菌培養、感受性検査、嫌気性培養、真菌培養)をお願いしました。
細菌性のものなら抗生物質で治すけど、無菌性だと・・・・という、ちょっと不安なお言葉。
治療費は内用薬(抗生剤、止血消炎剤、ビタミンC)も含めて25000円。
懐が寒~くなったけど、レオンのこんな顔を見ると屁でもないと思うのでした066.gif

トニーにしがみついて眠るレオン。だいたい、いつもこんな感じで寝ています。
ジリスとは思えないくらいデブったトニーのカラダも凄い。
a0124065_1942688.jpg

[PR]
by shime4649 | 2010-11-13 20:05 | リチャードソン・ジリス