東京タワーライトアップ写真「東京タワーに恋して」、食べ物・お店の生々しいレポート「美味しいもの」、リチャードソンジリスへの妄想「リチャリチャ劇場」(時々実話)、海外・国内旅行、映画、株主総会・優待、花


by shime4649
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:ローランド・エメリッヒ ( 1 ) タグの人気記事

映画鑑賞「2012」

21日公開ですが、待ち切れずに前夜祭ということで20日に見てきました001.gif

監督 ローランド・エメリッヒ 
    「インデペンデンス・デイ」「ゴジラ」「パトリオット」「デイ・アフター・トゥモロー」「紀元前1万年」他

ストーリー

2009年、インドの地質学者が「惑星の直列により、太陽の活動が活発化。強い放射線によって地球の
核が熱せられ、3年後の2012年に世界が終わりを迎える」という事態を察知し、大統領首席補佐官に
報告。そして、米大統領の指揮のもと、世界各国の首脳にも伝えられ、世界中の人々には知らせぬまま、巨大船の建造が密かに開始された。

2012年、前妻ケイトとの間の2人の子供を連れてイエローストーン国立公園に出かけたジャクソン。
彼はそこで、ラジオ局のDJから、地殻変動による地球の崩壊を知らされる。その言葉通り、
世界各地で地割れ、地震、噴火、津波と、次々に大災害が起こり、人類滅亡へのカウントダウンが
始まる。果たしてジャクソン一家は助かるのか?人類は滅亡してしまうのか?・・・・

a0124065_10443088.jpg


a0124065_10473193.jpg


a0124065_1048312.jpg

ネタバレなしの感想

いやー、凄かったですよ。世界が崩壊して行くシーン005.gif
破壊ものが得意な監督ですが「これで最後にする」と言っているそうで、これ以上凄いのなんて
もう作れないんでは?と思うくらい、派手にやっちゃってました。
映像は、TDLとかのテーマパークによくある、「宇宙船に乗ったら、前面にスクリーンがあり、
イスが動いて体験できる」ような感じで、自分がその場にいるような錯覚さえ覚えました。

a0124065_1045529.jpg


マグニチュード10.9の地震って、想像がつきませんが、阪神大震災などを体験された方は、
恐怖がよみがえってしまうかも。音響のいい映画館なので、不気味な地鳴りの音や、
「ドドドドド・・・・」という振動がお尻から伝わり、ちょっとだけリアルさを味わえました。
そして、地震、噴火、津波という、あらゆる天変地異が起こります。こんな状態で、残された人達は
生き残れるはずないよ~、いやいや、その前に、まとも陸地なんてないだろうという絶望感。
自分だったら、真っ先に地割れに飲み込まれて・・・などと想像しながら見ていました015.gif

a0124065_10544043.jpg


ストーリー自体は、終末物としてありふれています。「ディープ・インパクト」と同じようなものだな~と
思いました。そして、「政府は、全人類が生き残れる規模の施設を作れよ~」と思わせたのも一緒。
もちろん、動物たちも一緒に避難させてあげてね~
ここで悲しいのは、大活躍した人たちが生き残れるとは限らないという現実。
私としては、あんなに頑張ったゴードン(ジャクソンの元妻ケイトの現在の恋人)が哀れでしょうがない。
離婚した家族が、災害を乗り越えて元の絆を取り戻すというストーリーにしたくて、ゴードンを排除したの
ですね。おまけに、パンフレットの出演者紹介のページにもゴードンは載っていません007.gif
・・・と、ちょっと不満を述べてみました。

これは、大画面で音響が良い映画館で観ると
とても楽しめる映画です。


a0124065_10434030.jpg


当たった!

ユナイテッドシネマの映画館だけかな?「2012を観るとアバターの鑑賞券が当たる」という
キャンペーンをやっていました。
アバターは、前売り特典がないので、前売り券を買っていなかった私。
1枚でも当たればいいなと思っていたのに、連続で「あたり」が2枚003.gif
a0124065_10275363.jpg


全国で入場先着40000人にスクラッチカードが渡され、その場でこすってあたりがでたら
アバターの鑑賞券(1300円相当。3Dで観たければ、差額分を支払う)がもらえます。
当選確率は1人/20人

a0124065_10273156.jpg


これで、来年の運も使い果たしたのだろうか・・・A^^;
[PR]
by shime4649 | 2009-11-21 11:10 | 映画を見よう